「鉄の塊」に揺られて

広く浅くゆるくがモットーの乗り物系ブログです。 鉄道・飛行機・船の撮影記や旅行記を中心に書いています。

まだまだ2018年振り返り-艦艇公開2018年夏 護衛艦「やまぎり」一般公開in大洗港

2019年に入っても続いている2018年振り返り記事。続いてのテーマは夏の艦艇公開です。

毎年夏は艦艇公開シーズン。ご存知のように去年は異常な暑さになりましたが、ここ数年の海自への注目度の上昇もあってか大勢の人たちが海自艦艇の一般公開に足を運んでいました。

 

さて、私の個人的な去年夏の艦艇公開シーズンをスタートを飾ったのは・・・7/8に大洗港で行われた護衛艦「やまぎり」の一般公開です。

 

今回は那珂湊からバスで大洗入り。3月の訪問時に行けなかった海岸と磯前神社周辺のガルパンスポット2・3か所をちょろっと巡礼してからの大洗漁港近くの食堂で少し早めの昼ご飯。

そうして暑い中を大洗漁港からえっちらおっちら・・・約20分ほどで会場の大洗港近くのマリンタワーに到着した時にはちょうど午前の部の一般公開が終了したところ。

私が参加する午後の部までの時間つぶしを兼ねてまずマリンタワー展望台から「やまぎり」を撮影します。f:id:ikazuchidddara:20190107204451j:plain

初めてミニチュアモードっていうのを使ってみました(爆)f:id:ikazuchidddara:20190107204422j:plain

同時展示されている陸自や空自高射部隊の機材も。こっちの方がジオラマ感溢れる情景です。

さて、もうそろそろ午後の部の一般公開が始まります。再び地上に降りて列に並ぶことにしましょう。

f:id:ikazuchidddara:20190106235522j:plain

DD-152 護衛艦やまぎり あさぎり型護衛艦2番艦 横須賀基地第11護衛隊所属。「やまぎり」は2016年8月に清水で乗艦して以来2回目。

この艦はあることで有名なのですが・・・それは2人の女性艦長が着任した海自護衛艦であること。1人目は大谷美穂二佐で海自初の女性護衛艦艦長として有名なお方。2人目は去年4月に着任した小野小百合二佐です。

 

海自では女性の艦長への就任のみならず、1護隊司令に女性初の隊司令として東良子1佐が着任するなど女性の指揮官クラスへの登用が積極的に行われております。

女性ならではの感性で今まで「男の職場」と呼ばれた艦艇勤務の世界に新しい風を吹き込むことができるのか期待したいものです。

f:id:ikazuchidddara:20190106235827j:plain

この後乗船するさんふらわあさっぽろと。

ほどよく伸びた列に並び途中隊員によるらっぱ吹奏実演を見つつ、約30分ほどで乗艦できました。

f:id:ikazuchidddara:20190107000111j:plain

艦首にある76mm速射砲。丸い坊主頭のような主砲は護衛艦ではもうおなじみ。

f:id:ikazuchidddara:20190107000142j:plain

主砲の後ろにドンと鎮座するのはアスロックランチャー。対潜装備の1つで、ロケットブースターにより発射後自動的に潜水艦を探知するとってもお利口さんなアスロックミサイルの発射装置です。

ところで、やまぎりはあさぎり型の一部にも装着されている艦橋窓下の装甲板がありませんね。

f:id:ikazuchidddara:20190107001636j:plain

後部甲板のシースパロー発射機。アスロックランチャーと似たような形状ですがこちらは対空装備品です。こんごう型以降はアスロックランチャー同様VLSに取って代わられ、あさぎり型を最後に艦から姿を消しました。

f:id:ikazuchidddara:20190107001717j:plain

なんと蓋が開けられ内部が見られるようになっていました!

細長いセルにシースパローミサイルが1本。

f:id:ikazuchidddara:20190107001936j:plain

後ろからも。f:id:ikazuchidddara:20190107203019j:plain

一段上の飛行甲板に上がるとSH-60Jが展示中。最近の艦だと改良型のKが搭載されていますが、やまぎりは一世代前のJが搭載されています。

JとK、一見同じように見えて回転翼の翼端や側面のウィンドウなどあちこち微妙に違うのでポイントさえ知っていれば容易に見分けがつくのです。f:id:ikazuchidddara:20190107203243j:plain

コックピットを覗いてみました。ヘルメットの置き方がイカしています。

約15分ほどで一周して見学を終え上陸。この後はさんふらわあさっぽろの一般公開に移動しますが、その前に岸壁をぶらぶら。

陸自空自の車両やPACⅡミサイルの車両展示に、出店ではお決まりの自衛隊グッズや軽食に加えてやっぱりあったぞガルパン

私が見ただけでも4軒くらいありましたね。

 

ということで、何軒か物色の後にフェリーターミナルへ移動します。

向かう途中岸壁から撮影。f:id:ikazuchidddara:20190107204240j:plain

行き止まり形状になっている港じゃないと撮れない正面ドカン。f:id:ikazuchidddara:20190107204328j:plain

今度は右舷から艦全体を。

二段型の後部甲板やプレハブ小屋を背負ったような飛行甲板と格納庫、日本刀を思わせるシャープな艦首とナックルライン、昭和と平成の過渡期という時代を象徴するかのようなフォルムです。