「鉄の塊」に揺られて

広く浅くゆるくがモットーの乗り物系ブログです。 鉄道・飛行機・船の撮影記や旅行記を中心に書いています。

4/8:はじめまして静岡-FDAの新色ホワイトJA12FJ

毎月行ってる羽田と比べていい撮り物がない限り行かない富士山静岡空港。気が付けば4か月ぶりの撮影でした。

3月17日にデビューしたフジドリームエアラインズの新色新機材JA12FJが4月7日に静岡空港に飛来したとの情報をキャッチして4月8日にさっそく撮りに行ってきました。
到着して少し車内で休み、東方の離陸に合わせて駐車場近くの空港北展望台へと向かいますよ。
やっぱりこちら側は石雲院と比べてガラガラ。人全然いません。富士山バックで撮れるのになぜガラガラなんだ?

外に出ると風がビュービュー!吹き付けてくるような感覚です。
そして上海便のMU2020便は12ではなく逆側の30へと転がりだして
DSC_7150

中国東方航空 Boeing737-800 B-1910
30から上がっていきました。
この日は4月にもかかわらず北寄りの風が強く離着陸ともRwy30運用でした。
なるほどそりゃ12寄りの空港北側がガラガラになる訳だ。
でも30でも離陸上昇直後の機体が迫力あるアングルで撮れるし、皆さん30寄りの石雲院もいいですけど12寄りの空港北寄りにも行きましょうよ。

さて、地方の小空港静岡空港の午後の出発&到着ラッシュが始まります。
出雲便も就航して以前より少し賑やか?になったようです。
DSC_7151

フジドリームエアラインズ エンブラエルERJ175 JA11FJ
現在のところ唯一他機と塗装が被っている11号機。去年の小牧で撮って以来2回目かつ静岡では初撮影です。
後部には信州松本空港のPRステッカーが。
DSC_7153

フジドリームエアラインズ エンブラエルERJ175 JA06FJ
2機目はパープル。
次のANA新千歳便の離陸でちょっとしたハプニングが。これは私も初めてのパターンです。
Rwy30から離陸しようとするANA1261便、この時後ろにはCessnaが接近中でしかも5マイルをとっくに過ぎているのです。
ANAはインターセクションをリクエストしてCessnaの前に離陸しようとしましたが・・・
DSC_7154

結局無理と判断して出て行っちゃいました。

その後Cessnaが降りた後端まで行って離陸しましたとさ。
DSC_7155

ANA Boeing737-881 JA82AN
何年か前までは当たり付きのくじ引き感覚だったのがWi-Fi付きもすっかり良く見かけるようになったなぁ。
DSC_7156

静岡エアコミューターのCessna JA391Cがビジネスジェットスポットに到着しました。
DSC_7158

本命フジドリームエアラインズエンブラエルERJ175 JA12FJがRwy30に着陸しました!
後期型の特徴である翼端ウィングレットの開き具合がいいですね。
北展望台からRwy30降りを狙うとなると600㎜でないと限界。
DSC_7165

滑走路を出て転がりに。こちら側に来たところをセスナと絡めて。
DSC_7166
格納庫の陰から尾翼のチラリ。

白地に赤色のFDAロゴという今までの機体とは異色のカラーパターンである12号機ですが、ご存知の方も多いかと思いますが、1月下旬から2月15日まで行われたSNSでのカラー予想が行われましたね。
結果はホワイト。
3月14日まさに「ホワイトデー」に日本に到着して3月17日より営業運航に入りました。
ところで、私は何色を予想したのかって?聞かないでください。