「鉄の塊」に揺られて

広く浅くゆるくがモットーの乗り物系ブログです。 鉄道・飛行機・船の撮影記や旅行記を中心に書いています。

5/12の羽田-城南島Rwy22降り編

練習艦隊2隻の出港を待つ5月12日の城南島撮影。
9時半を過ぎた頃に朝のうちから続いていた北風運用からRwy22降りの南風運用にランチェンして、城南島からの撮影対象も34R離陸機から22着陸機にチェンジ。
私がLDA22で好きなワンシーンであるお台場上空付近でローカライザーコースからオフセットしてビジュアルに切り替える時の捻りを狙ってみたかったのですが、あいにく600mmを置いてきてしまったのです。

仕方ないので迫力あるファイナルでも。
DSC_8024

JAL Boeing777-289 JA8979
ようやくまともに撮れたサッカー日本代表応援ジェット。
残念ながらベスト8入りせずに決勝トーナメント初戦で敗退してしまいましたが、機体そのものはW杯開催期間中まで運航しているそうです。
2年後の東京五輪こそは夢の続きを見せて欲しいですね。
実はこのスぺマ、左右で描かれている選手が違うっていう。私は未だに右しか撮れていません。
DSC_8026

朝ハミングバードで南紀白浜へ飛んでったJ-AIR ERJ-190 JA248J「ミニオンジェット」が帰ってきました。
Rwy22のファイナルに入った時ちょうど城南島沖の東京航路を護衛艦「まきなみ」が通過中。
もしかすると絡みが撮れるかなぁなんて思いワンフレームに収めようと狙ってもみましたが、無理だと判断してパス。
DSC_8027

Rwy22にあまり降りることがないAIRDO Boeing737-781 JA12ANが降りてきました。
フェリーではなく定期便です。
欧米路線がインタミに比較的近い22に降りるってことはよくあることなんですが、AIR DOは私自身もあまり見たことがありません。
DSC_8028

22に降りてきた欧米路線、ミュンヘンからのルフトハンザドイツ航空 AirbusA340-600
LHの22降りは初撮影。
すらっとしたスマートな体形と4発エンジンのバランスの良さが織りなす造形美が特徴のA346は下から見上げるとそれこそLHのロゴに描かれた鶴のような姿でした。
5月の時点でMUC線は全日A346での運用でしたが、6月以降はA359が復活しています。
幸いにも全て置き換えられる訳ではなく隔日での運用となっているためしばらくの間羽田でA346を見ることはできそうです。
しかし、A346そのものが置き換え対象となっているためいつまで見られるのやら。
DSC_8029

ANA Boeing777-281ER JA741A「Hello 2020 JET」
DSC_8030

ANA Boeing767-381ER JA604A「STARWARS ANA JET」が小松から帰ってきました。
この日離陸と着陸両方撮った機体は2機、どちらも特別塗装機でした。
そのうちの1機であるこの機体は同じ撮影地で離着陸両方撮った唯一の機体です。
それだけ滞在時間が長かったってこと。ふぅ、長いこと待たされたわ(練習艦隊の出港です)。