「鉄の塊」に揺られて

広く浅くゆるくがモットーの乗り物系ブログです。 鉄道・飛行機・船の撮影記や旅行記を中心に書いています。

4/26:平成最後の平日に史上初客船トリプル入港

平成が終わり、新元号の令和が始まりました(おっ一発で出た)!
新時代の幕開けと共に、当ブログや別館ブログも新体制でのスタートとなります。


さて、平成最後の平日となった4/26の清水は客船入港フィーバーでしたね。

日の出ふ頭に「セブンシーズ・マリナー」「アマザラクエスト」、興津第二埠頭に「ノルウェージャンジュエル」の合計3隻が入港しました。

清水港にクルーズ客船がトリプル入港するのは開港以来初とのこと。それも3隻とも外国客船とくればなおさら珍しいことなのです。

私もこのタイトルを名乗るからにはぜひ行かないとということで行ってきました。
DSC_2057


まず1隻目の「セブンシーズ・マリナー」
セブンシーズリージェントクルーズ保有でバハマ船籍。総トン数48075t
真っ白な船体が美しい客船です。
奥にちらっと「アマザラクエスト」も入れてみました。

DSC_2058

後ろ姿も。今年初めて入港した客船のうち1隻で、この日が二回目の入港でした。
DSC_2059

同じく日の出に入港していた「アマザラクエスト」
なんかRPGにありそうな名前・・・。この船で謎解きイベントとかやったら面白そう。
こちらも今年初めて清水に入港した客船で、この日が清水初入港でした。
アマザラ・クラブクルーズ保有でマルタ船籍。総トン数は30277t。

白い「マリナー」と対照的に黒と白のコントラストが渋いです。

お尻は・・・立ち入り禁止の緑色フェンスの向こう側に行かないと撮れなさそうorz
潔く諦めよう。


日の出の2隻を捕獲して次は興津に入港するジュエルを。予定では13時入港のはず。
マリンターミナルでのんびりしていると、13時少し前三保半島の陰から大きな船体がぬっと現れたのを確認。急いで埠頭端へ向かいます。
DSC_2060

3隻目の「ノルウェージャン・ジュエル」登場!これでトリプル入港の客船三隻がそろいました。
ノルウェージャンクルーズ保有でバハマ船籍。総トン数9352t。

晴れていれば後ろに富士山が見えるはず。しかし曇り空で全然見えません。

DSC_2061

タグに付き添われてゆっくりと興津第二埠頭に近づいていきます。
富士山が見えない代わりに、清水港独自の富士山カラーのガントリークレーンを背景にしてみました。
DSC_2062
まもなく接岸します。
このくらいの大型客船でしたので200㎜×1.3でも余裕でした。
でも三保半島先端から撮った方が迫力あったかな。

遠めでもノルウェージャンクルーズ保有の客船特有の派手なペンキを塗りつけたような現代アートっぽい模様は目立っています。
DSC_2063
クルーズ客船もいいですが忘れちゃいけないのは駿河湾フェリーの富士。
ドリームフェリーとしての運航は今月が最後となります。

今年のGWの清水は、開港130周年を迎える節目の年でもあるのか連日の客船入港ラッシュ。初入港の客船や中にはナイトステイのスケジュールが組まれているものもありまさに大盛況です。
開港130年を迎える清水、そして平成の終わりと令和の始まりを彩るGWの清水港客船ラッシュの幕開けにふさわしい史上初の外国客船トリプル入港でした。